「ルドルフ」「ヴィ・シックス」の由来

DDD掲示板からの抜粋

「ルドルフ」「ヴィ・シックス」の由来 投稿者:xxx 投稿日:07/08(水) 21:44 PC No.11234 [返信] [削除]
この動画(ワルツ)の10:8あたりのフィガー、かっこいいですね。
これ、スピン・アンド・ピボット→ルドルフ・フォーラウェーですね。
今は余裕がないけど、そのうち、やれるように練習したいと思ってます。


ところで、このフィガーの名称、人の名前のようですが「ルドルフ」って何でしょうか。「ルドルフ」さんが作ったのかな。

ついでに、クイックのベイシックで「ヴィ・シックス」というフィガーがありますが、この名前の由来もご存知の方、教えてください。6連覇した人が作ったのかな。

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: 「ルドルフ」「ヴィ・シックス」の由来 xxx - 07/08(水) 22:47 PC No.11235 [削除]

毎度 xxx様 フィガー行ける行ける 2009ルッカ&ロレイン 5種目
コピー 今からは一杯呑んで帰る 明日から当分 ルッカするで!!
ルドルフ バレンチノ フランスで大成功した世界で一番有名な踊り手
若いまま絶頂期であっけなく逝ったイケメン!
バレンチノ 任しなさい! DDDには沢山 おられます!!  

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: 「ルドルフ」「ヴィ・シックス」の由来 xxx - 07/09(木) 08:36 i No.11237 [削除]

こんにちは。

ルドルフ・バレンチノは、当時、大変な人気者だったらしいですね。

そう言えば、タンゴも、アルゼンチンから渡って来た原型を、
バレンチノが映画(何とかの騎士だったかな?)で華麗に踊ったことで、人気が沸騰した、
とされていますね。

ブイ・シックスは、用語辞典によれば、QQSSQQの6歩でVの字の形に踊ることからついた名前、
とありますね。

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: 「ルドルフ」「ヴィ・シックス」の由来 xxx - 07/09(木) 08:53 PC No.11238 [削除]

xxxさん、おはようございます。
xxxさん、有難うございます。
私は知らないのですが、ルドルフ・バレンチノは「黙示録の四騎士」でタンゴを披露して人気を博したとか・・・
ブイ・シックスですが、第2歩目から第7歩目にかけての6歩でVの字に抜けるステップとして昔々教わりました。
ボルテクでは8歩のステップかのように記載されていますので、分かりづらいですね。

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: 「ルドルフ」「ヴィ・シックス」の由来 xxx - 07/09(木) 19:27 PC No.11239 [削除]

xxxさん、ありがとうございました
。疑問がとけました。

ルドルフ・バレンチノですか。初めて聞きました。
人の名前のついたフィガーって珍しいですね。

ヴィ・シックスは、多分、8歩のフィガーの中の6歩をとって数えたんですね。Vの字にはちょっと足りないように思えるけど。

ルドルフはね、Pに踊ってみようと言ったら、「今やっているフィガーもまだまだだのに、こんな難しいのは無理。」と断られちゃった。誰か踊ってくれないかなぁ。

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: 「ルドルフ」「ヴィ・シックス」の由来 xxx - 07/09(木) 22:24 PC No.11240 [削除]

xxxさんへ

>そう言えば、タンゴも、アルゼンチンから渡って来た原型を、
>バレンチノが映画(何とかの騎士だったかな?)で華麗に踊った
>ことで、人気が沸騰したとされていますね。

このお話は、あんまり信憑性がないように思いますね。
1910年代のダンスインストラクションマニュアルには、タンゴの踊り方を説明したのが少なからず出版されていますし、一方ニューヨークタイムスにルドルフ・ヴァレンチノの記事が掲載されていたのが1920年代ですからねぇ。


      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: 「ルドルフ」「ヴィ・シックス」の由来 xxx - 07/10(金) 02:08 PC No.11243 [削除]

こんばんは~

xxxさん、
>人の名前のついたフィガーって珍しいですね

そうですね。
アウグスト・スキアーボの「ウィン・ウィズ・ベーシック」というビデオでは、
クイックで「フレッド・アステア・ステップ」というのが紹介されていましたが、数少ない例の一つでしょうね。

>ヴィ・シックスは、多分、8歩のフィガーの中の6歩をとって数えたんですね。

スピンターンの後に踊ると、2歩目から踊られますしし、8歩目は、次のフィガーの1歩目ととらえれば、
ブイ・シックスの2歩目から7歩目があんこと言えるのでしょうね。

フォー・クイック・ランも、あんこの4つのクイックをとらえて命名されているように見えますね。

xxxさん、
>このお話は、あんまり信憑性がないように思いますね。

確かに、タンゴは既に1910年ころにはパリで受け入れられるようになったようですね。
あまりの人気ぶりに、時のローマ法王が「タンゴ禁止令」を出したのに対し、カシミール・アインが、法王の前で踊り、
誤解を解いて、また流行したとされています。

一方、ルドルフ・バレンチノが、華麗なダンスを披露し、世界中の人を魅了したという映画「黙示録の四騎士」が作られたのが1921年ですから、
バレンチノによりタンゴが初めて大流行したということではないと思いますが、タンゴの人気をさらに広めたということで紹介がされていますね。

とりあえずは、タンゴに関する入門書やテレビ番組からの孫引きで、原典にあたっていないので、はっきりしたところはわからないのですが、
どんなものなのでしょうね?

  • 最終更新:2009-09-16 17:54:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード