タンゴの話

DDD掲示板からの抜粋

タンゴの話 投稿者:xxx 投稿日:07/10(金) 06:59 PC No.11245 [返信] [削除]
別なスレッドでタンゴの話が出ていましたので、ご参考まで。

1914年出版のThe Tango and other up-to-date dances というダンスの教本の説明のところに、以下のように書かれています。

No doubt we have all seen or at least heard about the new dances which have become the craze all over the United States England France and Germany within such a short period of time.

Crazeというのは狂気とか熱狂とかいう意味ですけど、そう書かれているところからみるとこのころには大人気を博していたんでしょうね。

「パリで大人気を博していたモーリスというダンサーがニューヨークに凱旋帰国を果たした」という、1911年のニューヨークタイムスの記事を読むと、当時の取り上げ方が想像できます。




xxxさん投稿より抜粋
>確かに、タンゴは既に1910年ころにはパリで受け入れられるようになったようですね。
>あまりの人気ぶりに、時のローマ法王が「タンゴ禁止令」を出したのに対し、カシミール・アインが、法王の前で踊り、
>誤解を解いて、また流行したとされています。

>一方、ルドルフ・バレンチノが、華麗なダンスを披露し、世界中の人を魅了したという
>映画「黙示録の四騎士」が作られたのが1921年ですから、
>バレンチノによりタンゴが初めて大流行したということではないと思いますが、
>タンゴの人気をさらに広めたということで紹介がされていますね。


      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: タンゴの話 xxx - 07/12(日) 12:28 i No.11254 [削除]

今日は。
レスを着けないと、変なカキコが目だっちゃいますね。(>_<)

xxxさん、ありがとうございます。
この新聞記事は、以前、見た覚えがありますが、大変なものだったんですね。

しかし、この14年の教本で、all over the 米、英、仏、独、というのが、時代を感じさせますね。
おそらく世界中と言う意味で使っているんでしょうね。(^^ゞ

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: タンゴの話 xxx - 07/12(日) 19:20 PC No.11255 [削除]

さあ、世界中という意味かどうか私にはわかりませんけれど、1914年というのは、第一次世界大戦が勃発した年です。
これらの国は敵味方に分かれて一触即発だった時代なので、ほかの国なんて目に入らなかったかもしれませんが^^

そうでもないか。米国だけはモンロー主義とかなんとかで、非干渉を貫こうとしてたころですから、国民は対岸の火事だったかも。

  • 最終更新:2009-09-16 16:45:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード