ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ

社交ダンスDDD掲示板からの抜粋です
HNや個人情報についてはxxxに編集してあります


ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ 投稿者:xxx 投稿日:05/20(水) 14:47 PC No.7314 [返信] [削除]
本題から少しそれましたのでスレを変えます。シンポジウムの分科会みたいになっちゃいましたね。
■ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブは同じフィガーかどうかです。

このフィガー、ワルツで、以下のアマルガメーションで競技会では、ポピュラーに踊られていますのでご存知の方が多いと思います。
■オーバーターンド・ナチュラル・スピン・ターン→ターニング・ロック(PP)→【ナチュラル・ウィーブ<1&23(12&3)>】→タンブル・ターン→スローアウェー・オーバースウェー等

このフィガー、私達のコーチはランニング・ウィーブといっているので、深く考えもせず、すっかり、同じものだと思い込んでいました。

でも、xxxさんのNo.7312
>ナチュラル・ウイーブは、ウイーブ・エンディングになる、つまり左回りになりますが、ランニング・ウイーブはランニング・フィニッシュになる、つまり右回りになるものと認識しています。

で、納得、よくわかりました。ありがとうございました。

これって、スローのフィガーですよね。

■ワルツの時は始めの4歩だけのフィガーで、始めの4歩は全く同じです。なので、結果的には同じということなんでしょうね。
私はパーティーなどでは、ワルツではこのあと、リバースターンの456につなぐこともよくやります。

xxxさん、
ランニング・ウィーブは「ナチュラル・ウィーブの4歩」+「ランニング・フィニッシュ」です。
■ナチュラル・ウィーブはベイシックで「スロー」、
■ランニング・フィニッシュは「クイック」の「ジグザグ・バックロック・エンド・ランニング・フィニッシュ」にベイシックとして、テクニックブック等に記載されています。

xxxさん、
言っておられるランニング・ウィーブはワルツですよね。xxxさんはスローで説明されていると思います。
同じフィガー名でも種目によって踊り方が随分ちがいますので、話もなんの種目では~といわないと紛らわしいですね。




      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/20(水) 17:18 PC No.7315 [削除]

有難う xxx様 オープンナチュラル3歩踏んで 左右左足横次の右足は前進
左足後退から ランニングフィニッシュ イメージ出来ました!!!!
手元にテキスト 何冊かありますので 細かいテク詰めます!
xxx先生 皆様 ほんとに助かります これからも 宜しくお願いします。 

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/20(水) 22:07 PC No.7316 [削除]

xxxさん、

いろいろとありがとうございます。
勉強になります。

>オーバーターンド・ナチュラル・スピン・ターン→ターニング・ロック(PP)→【ナチュラル・ウィーブ<1&23(12&3)>】→タンブル・ターン→スローアウェー・オーバースウェー等

これは、まさにランニングウィープですよね。ナチュラルウィーブは、スローのベーシックフィガー名かと思っていましたが、
ランニングウィーブのことをナチュラルウィーブと呼ぶこともあるのですか。

ワルツでも、「123 4&56」と、スローのナチュラルウィープと同じ形で、オープンナチュラルからウィーブを踊るのを、
ワルツのナチュラルウィープと呼ぶのかと思っていましたが、別物ですね。

>言っておられるランニング・ウィーブはワルツですよね。xxxさんはスローで説明されていると思います。

ランニングウィーブは、ワルツとクイックステップのフィガーと思っていましたが、スローにもあるのですか?

ただ、よくわからないのが、スローの場合、ランニングフィニッシュにつなげるようですが、
このランニングフィニッシュというのは、クイックのランニングフィニッシュと同じものでしょうか?

とすると、ナチュラル・ウィーブを「1&23」と踊ると、男子は左足後退で終わりますね。
ランニングフィニッシュは男子の左足後退で始まりますから、単純にはつながらないのですが、1歩、右足後退を入れるのでしょうか?


      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/20(水) 22:40 PC No.7317 [削除]

xxx様 最終歩 右足前進その足のトーで右へ4分の1右回転しながら
左足後退へ継なぎます ランニングフィニッシュの1歩目 OK!!
皆様の御蔭で 実戦配備!感謝!!

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/21(木) 02:14 PC No.7318 [削除]

みなさん こんばんは
いろんなテーマが芋づる式に出てきますね。

ナチュラル・ウイーブとランニング・ウイーブについてですが、すっきりと区別できていないことも多くあります。
種目的にもいろいろと分かれますし、権威のある機関がこうなのだ、とでも決定してくれるといいのですがね。
しかし統一された名前として整理されても、これが浸透するには数十年の時間が必要なのかもしれません。

「ランニング○○」というフィガーにしても、速く走る→ランニング、ということからネーミングされている場合もあります。
またその意味からランニングとクイックとが混用されているケースもあるようです。
<ランニング・ウイーブとクイック・ウイーブ>

ウイーブはもともとスロー・フォックストロットで踊られていたものが原型です(ベーシック・ウイーブ)。
これがワルツでも踊られるようになり(ベーシック・ウイーブ)、またPPからも踊られています(ウイーブ・フロムPP)。
以前はワルツの場合、ウイーブ・イン・ワルツタイムと言ってたように記憶しています。

ウイーブはスロー・フォックストロットで踊られているように、6歩からなるQの部分が特徴的です。
ナチュラル・ウイーブも同じように6歩からなるQの部分が特徴的です。
そして最後のQ2歩は、フェザー・フィニッシュと同じ形ですがウイーブ・エンディングと言って区別しています。

ワルツで踊る場合には必ずしもこの形になるわけではありませんが、ウイーブの特徴的な動きは踏襲されています。
またランニング・ウイーブとは言っても、クイック・ステップのランニング・フィニッシュと同じでないことは理解できると思います。
ウイーブは本来左回りです。ナチュラル・ウイーブは前半が右回りですが後半はウイーブ・エンディングとなるため左回りです。
私が考えるランニング・ウイーブは右回りで終了する形なんですが、違う理由からランニングと名付けられたものもあるようです。

ワルツの場合にはスロー・フォックストロットの場合のように、男子の右足が女子のアウトサイドに前進して終わることはありません。
この終わり方での回転方向の違いは、ワルツのターニング・ロック・ツーLと、ターニング・ロック・ツーRの差でもお分かりだと思います。

フィガーのネーミングですが、同じフィガーでもスタンダード・フィガーでない場合には、途中から別のフィガーなどに繋ぐときなど、個人や団体、サークルや地域などによっても違う呼び名が使われているようですね。
どのように名前を付けようと勝手だと言えば勝手なんでしょうけどね・・・

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/21(木) 07:40 PC No.7319 [削除]

用語というのは,使っているうちに方言も出来るし,最初に使った原型も良く分からないし難しいですね.

勝手に思っていたのは以下のようでした.
1.壁斜めかLODに出るのがナチュラル・ウィーブ
2.Wで汎用されているように,中央斜めに出て&が入るのがランニング・ウィーブ

何故思い込んだかは記憶がはっきりしません.
また,ジョンウッドのレッツダンスで使い分けの説明があったような気もしますが,昔のことで,既にビデオはかびてしまって見られませんので定かではありません.

 

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/21(木) 13:08 i No.7320 [削除]

浅学の悲しさ、同じ言葉を使って言われているのに、よくわからない。(+_+)

やはり、百聞は一見に如かずのようですね。

xxxさん、
>ランニングウイーブの続行が、右回転のランニングフィニッシュ?

xxxさん
>ランニングウィーブの後、右足1歩前進して右回転し、ランニングフィニッシュ?

xxxさん、
ランニングウィーブは、中央斜めへ?

まだまだ、色々、知らない世界があるようで、引き続き勉強させてもらいます。(^^ゞ

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/21(木) 14:27 PC No.7322 [削除]

あれーっ xxx様 ナチュラルウィーブ まずオープンナチュラルの
3歩 右左右踊り ウィーブの4歩 左右と2歩後退 3歩目左足横少し前
4歩目右足CBMPでOPに前進 4歩目の右足で 右回転4分の1しなあがら
左足に 女子を跨げばええんよ 左右左 次の右足は捨て足
ランニングフィニッシュ を 足した フィガー。。

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/21(木) 14:50 PC No.7323 [削除]

xxxさん こんにちは

xxxさんの書かれた
>■オーバーターンド・ナチュラル・スピン・ターン→ターニング・ロック(PP)→【ナチュラル・ウィーブ<1&23(12&3)>】→タンブル・ターン→スローアウェー・オーバースウェー等
を俎上に乗せてネチネチとイチャモンをつけてみます。笑ってコラエテ・・・

まずオーバーターンド・ナチュラル・スピン・ターンですが、過剰回転(オーバーターンド)するナチュラル・スピン・ターンということでしょうが、オーバーターンドは動作、状態、を表現したものです。
ナチュラル・スピン・ターンはれっきとしたワルツのベーシック・フィガー名です。
ですからオーバーターンド・ナチュラル・スピン・ターンは通用するかもしれませんが、正式には認知されていないようです。

次のターニング・ロック(PP)も以前はオーバーターンド・ターニング・ロックと言っていました。
でもこれではどちらがオーバー・ターンなのか、また両方がオーバー・ターンなのかが判然としないので、ターニング・ロック・ツー・Rと正式に名前が付けられています。
従来のターニング・ロックはそのままですが、終わりにツー・Lを付けることもあります。

ナチュラル・ウィーブ<1&23(12&3)>については、ウイーブの条件である6歩の歩順の内の前半しかないので未完のウイーブだとも言えるでしょう。
ですから正確にはナチュラル・ウイーブとは言えず、ワルツでは1&23のカウントで踊られることから、走る(ランニング)とか、早い(クイック)ウイーブと言うのだと思われます。

最後のタンブル・ターンは広く認知されるようになりましたが、いろんな人たちの踊り方を見ると常識的なタンブル・ターンの動きとか足型のほかに、似ているからなのか、あるいは踊り分けられないからなのか、サイド・クロスからのリバース・ピボットとか、シャッセ・ターン、またはシャッセ・ロールなどが踊られているようです。

なお蛇足ながらタンブル・ターンからスローアウェイ・オーバースウェイへ入るためには、間に左足でのリバース・ピボットか入ります。

xxxさん こんにちは
たしかに用語が方言化している傾向は見られるようです。
団体、あるいはその地域でリーダーシップのある人、または影響力のある人が使っていると一気に地域限定で広まっていくようですね。
それはそれで問題は無いと思いますが、現代社会は高度に情報化されていますから、広い地域をその情報が飛び交うことに問題があります。

その情報を発信する側と受信する側とが誤ったイメージでやりとりすることになるからです。

xxxさん こんにちは
多くあるフィガー、あるいはステップの名前は各人それぞれで認識が一致しているとは言い切れません。
とくに新しく知られるようになってきたバリーエーションでは、元になるフィガーの一部を組み合わせて使うことが多いので、ネーミングに対するこれと言ったルールがないのが現状です。

ランニング・フィニッシュという言葉で、クイック・ステップのフィガー名をイメージされたとしたら、ただしくその意味が伝わらないでしょう。
フォックストロットの場合、ワルツの場合で必ずしもクイック・ステップのフィガーと同じになるものではありません。

通常の左側へオープンで抜ける終わり方に対して、右側へオープンになる終わり方をランニング・フィニッシュ、あるいはランニング・エンディングと言います。
考えてみますと、これも一つの方言になるのかもしれませんね。

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/21(木) 19:20 i No.7324 [削除]

xxxさん、わかりました。

スローの話をしていると言いながら、「1&23」と書いたりして、やはりワルツと混乱してましたね。(^^ゞ

ランニングウィーブと言われて、ワルツやクイックの4歩のステップしかイメージできず、
またランニングフィニッシュもクイックのそれしかイメージできなかったので、
左足後退で終わるフィガーの後に左足後退から始まるフィガーを繋げる?
と不思議だったのですが、コッビィさんのレスを参考に、やっとピンときました。

スローのナチュラルウィーブの後半を右回転で踊ることを、ランニングウィーブと言うんですね!

左回転から右回転に変化するウィーブはチェックトウィーブしか知りませんでしたが、
スローのランニングウィーブというのもあるのですね。

勉強になりました。

もう一つ、ランニングウィーブをクイックウィーブとも呼ぶとありますが、

前にも書いたように、クイックウィーブは、クイックオープンリバースに似た、
PPから始める左回転のウィーブで、ランニングウィーブは右回転のウィーブ、
として別に整理されているのかと思ってましたが、いろいろなんですね。(^.^)

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/21(木) 21:15 PC No.7325 [削除]

xxxさん、こんばんは。

■フィガー名は厳密に言うとその通りですね。ポピュラーなアマルガなので、わかればいいと思って簡単に書いたため、厳密さを欠きました。(反省)

■>ナチュラル・ウィーブ<1&23(12&3)>については、ウイーブの条件である6歩の歩順の内の前半しかないので未完のウイーブだとも言えるでしょう。
>ですから正確にはナチュラル・ウイーブとは言えず、ワルツでは1&23のカウントで踊られることから、走る(ランニング)とか、早い(クイック)ウイーブと言うのだと思われます。

「6歩の歩順の内の前半しかないので」というのはナチュラル・ウィーブもランニング・ウィーブでも同じですから、それをもってナチュラル・ウィーブのみについて「正確にはナチュラル・ウイーブとは言えず」というのはおかしいと思いますが・・・。
しかし、現実には「ランニング・ウィーブ」という名前の方が良く使われているのでしょうかね。もし、そうなら、紛らわしいので、今後、私も「ランニング・ウィーブ」ということにします。
(参考)以前の個人レッスンの先生が「ナチュラル・ウィーブ」といっていましたし、檜山さんのレッスンビデオでも「ナチュラル・ウィーブ」と書いてありますが・・・。

■タンブル・ターンですが、競技では、ここでシャッセ・ロールを踊る人もいて、どちらで踊るかは明確に踊り分けられています。正確なステップを踏まないと減点の対象になります。

■>タンブル・ターンからスローアウェイ・オーバースウェイへ入るためには、間に左足でのリバース・ピボットか入ります。

これは何かの勘違いではないでしょうか。練習の時は、いつもこのアマルガを踊っていますが、こんなところにリバース・ピボットは入れません。

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/22(金) 08:24 PC No.7326 [削除]

あとで気がつきましたが、ここでいわれている「リバース・ピボット」は、フィガー名の話でなはなく、踊り方の話ですね。
しかも、ここで使うのはベーシックの「リバース・ピボット」ではなくトウ・ピボットですね。フィガーやアマルガメーションの話の中で突然でてきたので、間違いだと思いましたよ。

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/22(金) 23:51 PC No.7327 [削除]

xxxさん こんばんは

たかが名前一つであっても話の種は尽きないものですね・・・
私はフィガーにいろんな呼び名が付いていることに対して、勝手な推論を書いているだけでして、これらを全否定しているのではありません。

ナチュラル・ウイーブとランニング・ウイーブは同じものかという表題ですが、一般的には違うフィガーだと思っています。
別に屁理屈ではなく、同じフィガーであれば二つの名前を与える必要性はないでしょう。
ナチュラル・ウイーブはれっきとしたベーシックのフィガーです。なんとなく別物? と感じたからこそ別名を付けたのでしょう。
ランニング・ウイーブと名付ける気持ちは分かりますが、仲間内などでしたら通用しても第三者や、他のグループにも通用するかは疑問です。

それにあのアマルガメーションの中で使われているのは紛れもなくナチュラル・ウイーブです。
ワルツの1&23のカウントで踊られるので、走るという意味からランニング・ウイーブと言われたのかもしれませんがね。

ウイーブにはベーシック・ウイーブとナチュラル・ウイーブとがあり、左回転と右回転の違いがあります。
ウイーブ・フロム・PPはベーシック・ウイーブと同じく左回りです。
ナチュラル・ウイーブは前半が右回り、後半は左回りになります。いわゆるウイーブ・エンディングというやつです。

ランニングには男子が後退しながら右方向へ駆け抜けるという意味があります。通常右回りになります。
クイック・ステップではランニング・ライト・ターンやランニング・ジグザグなどが有名です。
でもたんにランニング・ウイーブというとどちらのタイプのウイーブかは不明のままになります。
とは言っても一連のアマルガメーションに組み込まれているなら、前後のフィガーとカウントなどでどのような動きをするものかは分かるでしょう。

フィガーの一部を使い、他のフィガーと連結することはよくあることですが、名前を付ける場合には動きが分かるものにしてほしいと思いますね。

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/23(土) 10:56 PC No.7330 [削除]

xxxさん、こんにちは。

フィガー名というのは、ダンスの動きを端的に示すもので、的確につけられると、聞いただけでイメージがわかり、覚えやすいですね。

ということで、ルーティンを整理するのに、なるべくフィガー名を1本化したいと思っているのですが、
実際には、先生によって、時代によって、いろんな呼び方がされ、それが単に名前だけの違いなのか、意味のある違いなのかがわからず、
少し混乱させられます。

ということで、あえて確認のうえでこだわるのですが、
>それにあのアマルガメーションの中で使われているのは紛れもなくナチュラル・ウイーブです。

レッスンビデオやテキストでは、「123 1&23」とオープンナチュラルから入る7歩のウィープではなく、
PPから入り、「1&23」と&カウントで右回転に踊る4歩のステップで、後続として左へのシャッセロールやサイドクロスが続くものが、
ランニングウィープとして紹介されています。

そこから、走り抜けるように踊るのがランニングの特徴で、あれはまさにランニングウィープでナチュラルウィープではない、
と整理していたのですが、整理しなおさないといけないようですね。

それと、クイックウィーブについても、PPから左回転に「1&23」と&カウントで踊る、というテキストの説明により、
PPからのウィーブののうち、前半4歩だけの&カウントのステップと理解していたのですが、
ランニングウィーブのことをクイックウィーブとも呼ぶと知り、右回転のランニングウィープと左回転のクィックウィープが同じ?
と、不思議な感じです。

でも、いろいろお話を伺って、世界が広がるようで、楽しいです。


      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/25(月) 16:28 PC No.7334 [削除]

このふたつのフィガー名に関して、いろいろ調べてみました。

■実際のフィガー名使用例:

【ナチュラル・ウィーブ】
・レッスンビデオ ①檜山浩二「カウント先生・ワルツ中上級」②伊藤・宮本組「なるほどテクニック・ワルツ」
【ランニング・ウィーブ】
・レッスン・ビデオ ①マーカス&カレン・ヒルトン「シンプリー・ザ・ベスト パート2 ワルツ編」
・JBDF(教材作成委員会)発行のポピュラー・バリエーション資料
 
以上の資料から判断すると、ワルツのナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブは、PPから入る1&23(or12&3)4歩のフィガーで、同じフィガーです。

xxxさん、

>レッスンビデオやテキストでは~

参考に、具体的な資料名をおしえてもらえませんか。

>ランニングウィーブのことをクイックウィーブとも呼ぶと知り、~

ランニング・ウィーブとクイック・ウィーブはおっしゃる通りのフィガーで、回転方向が逆の、別のフィガーですよ。両方ともJBDFの資料に載っています。

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/25(月) 22:02 PC No.7336 [削除]

xxxさん、こんばんは。

話があっちこっちに飛んだりして恐縮ですが、いろいろ伺うと、固定観念の思い込みの修正もできたりして、勉強になりますね。

xxxさんのご紹介のものに加えると、「シンキンソンのルック・リッスン・ラーン ワルツ編」では、
「ランニングウィープ、ティプルシャッセ、スローアウェイオーバースウェイ」として紹介されています。
テキストでは、Geeoffrey Hearnの「A Technique of Advanced Standard Ballroom Figures」が、
「Running Weave from PP-Walz&Quickstep」という項目名で紹介しています。

ランニングウィープは、用語辞典にも、「12&3」とタイミングを取り、走る感じとなる、
PPからのナチュラルウィープとされていますから、ナチュラルウィープと呼ぶことで間違いはないと理解しています。

ただ、ワルツで、スローのナチュラルウィープを「123 4&56」と踊る場合のナチュラルウィープと区別するために、
ランニングウィープと呼ぶことが多くなっていると理解したのですが、いかがでしょう。

あと、まだ今一つ理解できていないのが、ナチュラルウィープは後半が左回転だけど、ランニングウィープは右回転になるという部分です。
ランニングウィープを「1&23」とすれば、右回転にはつながりにくいと感じています。
何か勘違いがあるのでしょうが、まだぴんと来ていません。(^^ゞ

>ランニング・ウィーブとクイック・ウィーブはおっしゃる通りのフィガーで、回転方向が逆の、別のフィガーですよ。

やはりそういう理解でいいのですね。

この部分は、じーじさんの、ランニングとクイックとが混用されているケースもあるとの話から、
ランニングウィープのことをクィックウィープとも言うのかな?と勘違いし書いてしまったもので、
よく読めば、じーじさんは、そんなことを言っていませんね。失礼しました。


      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/26(火) 10:54 PC No.7337 [削除]

xxxさん こんにちは

私たちが何気なく呼び習わしている名前には当然ですがいろんな意味が含まれています。
基本的にフィガー名はナチュラル・ターンとかリバース・ターンなど、ダンスをやっている人であればどんなフィガーかが分かるものが多いようです。

ウイーブにつきましても、基準とされるフォックス・トロットのナチュラル・ウイーブは、第1歩の右足Sから始まり第2歩から第7歩までQQQQQQと続きます。
前半が右回転で後半部は左回転が「ナチュラル・ウイーブ」ということになります。※オープン・ナチュラル・ウイーブも同じ。
終わりの4歩のQの部分がいわゆるウイーブ・エンディングと言われるステップで、似てはいるものの「フェザー・フィニッシュ」とははっきり区別されています。
フォックス・トロットでのバウンスフォーラウェイも、後半部はウイズ・ウイーブ・エンディングと名付けられています。

ウイーブの基本形は左回転ですが、後半部を右回転としたものをランニング・ウイーブとか、ランニング・エンディング(フィニッシュ)・ウイーブと言っていたこともあります。
また、ナチュラル・ウイーブを前半も後半も右回転に踊ることも、当然ながら存在します。
これを後半部の流れから、ナチュラル・ランニング・ウイーブと言うこともありました。

バリエーションは基本のフィガーの前半部、あるいは後半部の一部を新たに追加・変更するものです。
そのためネーミングもフィガーの流れを言い表したもの、またステップを表現したもの、愛称的なものが使われます。
ときにより名前を付けた側のイメージするものと、名前を聞いた側の受けるイメージは異なることはあり得ます。

このフィガーをワルツで踊るには、まったく同じように踊ることはできません。歩数も違いますし、歩順と音楽のビートも違いますので、フォックス・トロットとワルツとでは似て非なるもの、と言えるでしょう。
いわばウイーブ風に、ということになるでしょう。以前は「ウイーブ・イン・ワルツ・タイム」と言っていました。
ワルツでのウイーブは、ベーシック・ウイーブもナチュラル・ウイーブも、123,456のカウントで踊りますが、最終歩6の左足は横に開いてOPで前進する体勢になります。

回転していく方法もフォックス・トロットと同じようなタイプで踊れます。
でも同じネーミングにするとなんとなく抵抗感があるのも事実でしょう。
またワルツでは後半部をバリエーションとして、あるいは後続のフィガーとの接続方法によって前半部のカウントを1&23のように変更し、歩数を調整して踊ることがあります。
この場合1&23と早いカウントの意味からクイック・ウイーブ、あるいは走るイメージからランニング・ウイーブなどと呼ばれているようです。

クイック・ウイーブはオープン・リバース・ターンと区別するためにこのように使い分けます。
足型は同じだとしてもビートが違いますので当然動きなども異なっています。
ナチュラル系の場合はクイック・ウイーブだと左回り系と混同されるので、やはり前半の1&23の部分をランニング・ウイーブとして使い分けるのがベストだと思われます。
123、456と踊るときには通常のナチュラル・ウイーブでもいいのですが、後半部を右回転とする場合にもやはりランニング・ウイーブと言うこともあって、混乱する元になっていると思います。

ネーミングについては別に禁止事項もないわけですからなんでもありでしょうが、名前を見て中身が理解できるようなものにしてほしいと思っています。
でも言葉は時代によって変わっていくものですから、昔はこうだった、なんて言うのは野暮っていうもんかもしれませんね。

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/26(火) 14:55 PC No.7338 [削除]
xxxさん、こんにちは。

話が
①一般にはこのフィガーの名前はどう呼ばれているか。
②このフィガーの名前はどうあるべきか
の2つが入り混じっていますね。

①については前述の通りですが、②について
>ただ、ワルツで、スローのナチュラルウィープを「123 4&56」と踊る場合のナチュラルウィープと区別するために、
ランニングウィープと呼ぶことが多くなっていると理解したのですが、いかがでしょう。

「ランニングウィープと呼ぶことが多くなっている」というのは根拠があるのですか?
ちょっと、疑問がありますが、この見解には一理あると思います。
また、プロ、アマのダンスに影響力の大きいJBDFで「ランニングウィーブ」という名称を使っているということで、統一するなら、こちらの方が妥当かな、と思われます。私も、今後、ランニングウィーブで統一しようかなと思います。

>あと、まだ今一つ理解できていないのが、ナチュラルウィープは後半が左回転だけど、ランニングウィープは右回転になるという部分です。
>ランニングウィープを「1&23」とすれば、右回転にはつながりにくいと感じています。

ワルツでは「1&23」だけで踊るフィガーです。
でも、あえてスローのように後半も続けて踊りたければ、「456」の4の右足で右横に8/3回転すれば、あと5、6と前進して、フォーラウェーリバースS&Pなど、リバース系のフィガーにつなげます。3でピボットをすると踊り易くなります。(コッピィさんも、これを言ってたのかなぁ)

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/26(火) 23:18 PC No.7339 [削除]

xxxさん こんばんは
だらだらと書いていったので混乱させてしまって申し訳ありません。
ちょっと整理してみましょう。

ウイーブはフォックス・トロットでは、SQQQQQQ(S=左足)というカウントです。
ワルツでは、123,456(1=右足)というカウントになります。(OPでCBMPに前進)
ナチュラル・ウイーブはフォックス・トロットでは、SQQQQQQ(S=左足)というカウントになります。
ワルツでは、123,456(1=右足)というカウントになります。(OPでCBMPに前進)
いずれもPPから踊り始めるものとして話しを進めます。

これがウイーブの原型ですが、前半部、あるいは後半部のステップを変更すると別の名前になります。
フォックス・トロットでのナチュラル・ターンが、後半部に別のフィガーを使うとクローズド・インピタス・ターンに…
ワルツのナチュラル・ターンでも、後半部に別のフィガーを使うとナチュラル・スピン・ターンに… なる、のようにです。

フォックス・トロットで、ウイーブのランニング・エンディング(ランニング・ウイーブではない)は、
SQQQQQQ(S=左足)というカウントですが、5歩目(第4Q)のとき体を右へ回しながら右足を横へ斜めに向けてステップし、次のQQで女子のOPへCBMPで前進します。
ワルツでは前半部を123と踊り、4で左足を後退、体を右へ回しながら5の右足を横へ斜めに向けてステップし、なお右回転を続けて6の左足は横少し前にステップしてOPに前進する準備となります。

次のナチュラル・ウイーブのランニング・エンディング(ランニング・ウイーブではない)は、
ナチュラル・ウイーブの前半部に続けて前記と同じように後半部を踊りますと、前半で右回転、後半も右回転ですからコーナーで踊るときに重宝するフィガーとなります。

混乱させたと言うのは、ランニング・ウイーブと言う名前から「1&23」と踊るワルツのそれを思い浮かべさせたからだと思います。
私がランニング・ウイーブと言っていたときもあった、と書いたからなんでしょうね。
たかが名前、されど名前、だと思います。

      • -----------------------------------------------------------------------------

Re: ナチュラル・ウィーブとランニング・ウィーブ xxx - 05/27(水) 00:02 PC No.7340 [削除]

xxxさん こんばんは

いや、本当にいろいろなお話が伺えて、興味深いですね。

>ウイーブの基本形は左回転ですが、後半部を右回転としたものをランニング・ウイーブとか、
ランニング・エンディング(フィニッシュ)・ウイーブと言っていたこともあります。

そうなんですか。フォックストロットのお話ですよね。
「SQQQ QQQ」あるいはベーシックの「QQQ QQQ」の後半のウィープエンディングを右回転で踊っていたということでしょうかね。

どうも、右回転になるというのが、チェックトウィープしか思い浮かばないのですが、
後半のウィーブエンディングの3歩目の左足後退で右回転をするイメージでしょうか?

あるいは、xxxさんの言われる、
>(「1&23」の後)「456」の4の右足で右横に8/3回転すれば、あと5、6と前進して、
リバース系のフィガーにつなげます。3でピボットをすると踊り易くなります。
というイメージでしょうか。

>(xxxさんも、これを言ってたのかなぁ)

xxxさんは、オープンナチュラルの3歩の後、ウィーブの4歩を2歩後退から3歩目左足横少し前、
4歩目右足CBMPでOPに前進で右回転、と言われていますので、ちょっと違う気はしますが、イメージは似ているのかな?

>終わりの4歩のQの部分がいわゆるウイーブ・エンディングと言われるステップで、
似てはいるものの「フェザー・フィニッシュ」とははっきり区別されています。

左足後退からの4歩ということですよね。ただ、ボルテクのバウンスフォーラウェイウィズウィープエンディングの説明を見ると、
「S&QQQ」の5歩の記述があり、ベーシックウィープの4歩目以降につながるという表記になっていますよね。
だから、右足後退からの3歩がウィープエンディングと理解していました。

いずれにしても、フェザーフィニッシュと似ていても、使い分けられているものと思っていましたが、
別のテキストのエキステンディットウィープの説明には、ベーシックウィープの3~4歩目を繰り返した後、
その最後の4歩目の右足後退からフェザーフィニッシュに入る、という書き方がしてありました。
使い分けがあいまいになってきているのでしょうかね?

>これを後半部の流れから、ナチュラル・ランニング・ウイーブと言うこともありました。

ナチュラルランニングウィープという言い方は、以前聞いたことがありますが、いわゆる「1&23」のランニングウィープについて、
右回転であることをはっきりさせる意味で使っているのかと思っていました。

>ワルツでのウイーブは、ベーシック・ウイーブもナチュラル・ウイーブも、123,456のカウントで踊りますが、
最終歩6の左足は横に開いてOPで前進する体勢になります。

こういう踊り方があるのですか。昔の毛塚先生のビデオにナチュラルフォーラウェイというのがありました。
フォーラウェイとスクウェアの違いはありますが、リズム的なイメージが似ているような気がしますね。

>またワルツでは後半部をバリエーションとして、あるいは後続のフィガーとの接続方法によって前半部のカウントを1&23のように変更し、
歩数を調整して踊ることがあります。

この部分と、xxxさんの
>ワルツでは「1&23」だけで踊るフィガーです。
というお話と、
先ほどの、ワルツでのウイーブは、ベーシック・ウイーブもナチュラル・ウイーブも、123,456のカウントで踊ります、
との関係がわかりにくいのですが、
ワルツのウィープは、「123 456」と踊るが、前半部分は「1&23」とすることもある、
ただし、ランニングウィープと呼ぶのは、「1&23」だけで踊るフィガーのことである、ということでしょうか?

その関係で、ワルツで、「123 4&56」とスローのように踊ることはしないのでしょうか?

>この場合1&23と早いカウントの意味からクイック・ウイーブ、あるいは走るイメージからランニング・ウイーブなどと呼ばれているようです。

やはり、ランニングウィープとクイックウィーブは、同義語として使われることがあるのですね。
仰るとおり、ナチュラル系の場合は、クイック・ウイーブだと左回り系と混同されるので、ランニング・ウイーブとして使い分けてほしいですね。

> ネーミングについては別に禁止事項もないわけですからなんでもありでしょうが、
名前を見て中身が理解できるようなものにしてほしいと思っています。

確かに、バリエーションとは言っても、一部のダンサーだけが使っているだけじゃなく、
サークルや教室等でポピュラーに使われているものについては、どこかで、きちんと整理をしてほしいですね。

xxxさんのご紹介「IBDF(教材作成委員会)発行のポピュラー・バリエーション資料」とか、
アレックスムーアのポピュラーバリエーションズという本で、ある程度の整理はされているのでしょうが、
新しいものなどは入っていないのでしょうね。

  • 最終更新:2009-09-16 17:13:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード