ボルテク足型図ワルツ4

本当は足型図とともにフットワークやライズ&フォールなども書けば良いのでしょうが、それは各自でボルテクを参考にして理解してください。
フィガー名につけている○数字はボルテクの第11版と同じにしてあります。
ボルテク足型図ワルツ4

⑩は、リバース・コルテです。
すっと向きを変える意外性のあるフィガーです。きれいに踊るととても効果的です。
コルテには切る、とかカットすると言う意味があるそうですが、それがこの名前とどう関係しているのかは不明です。ほかにも理由がありそうです。

⑪は、バック・ウイスクです。
男性が後退してから入るウイスクです。
一般には女性を外側に前進させてから入りますが、ナチュラル・ターンの1~3の後で踊る時には正対したまま入ります。
また、少し右に回転して踊る場合には2の右足は「横少し後ろへ」へ置くようにします。

⑫は、ベーシック・ウイーブです。
ウイーブの基本形です。
ウイーブ・フロムPPはよく踊られているようですが、このフィガーはあまり踊られていないかもしれません。
でもしっかり踊ると非常に魅惑的な表現ができます。

⑬は、ダブル・リバース・スピンです。
足型を見る限りではシンプルなものですが、実際に踊ろうとすると梃子摺る人を多く見受けます。
回転量が多いのでエイヤッとばかり一気に踊ろうとすると失敗します。
ゆったりと相手の動きを感じながら踊るとうまくできます。

⑭は、リバース・ピボットです。
たた一歩だけ、タイミングも&カウントだけと言う超シンプルなフィガーです。
後退した右足の上で左足をCBMPに保ったまま1/2回転までピボットが可能です。
スリップ・ピボットと似ていますが、先行歩との関係で回転量も1/8~1/4となっています。
回転量だけではなく、リバース・ピボットは右回転から左回転へ、スリップ・ピボットは左回転の継続途中に行われます。

090704/訂正
090731

  • 最終更新:2009-07-31 19:59:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード