ボルテク足型図ワルツ7

ザ・ボールルーム・テクニックにはベーシック・フィガーのスタンダード・フィガーとネームド・バリエーションがあります。
ベーシックとスタンダード、フィガーとバリエーション、いったいどのようにして分けられているのか判然としていません。
ボルテク足型図ワルツ7

(23)は、アウトサイド・スピンです。(スタンダード・フィガー)
スピン・ターンの1歩目後退を女性外側にリードして踊り始めます。
2歩目も女性の外側に前進します。
後続のフィガーやアライメントによって多彩な踊り方が可能です。

(24)は、ターニング・ロックです。(スタンダード・フィガー)
普通ナチュラル・スピン・ターンに続けて踊るロック・ステップです。
バック・ロックに似てはいますが、カウントとタイミングが異なります。
PPで終わる方法もあります。

(25)は、レフト・ウイスクです。(ネームド・バリエーション)
通常のウイスクは男性の右側に移動しますが、これは反対の左側にウイスクするものです。
たんに反対になるだけでなく、踊り方もまったく異なっています。
男子が後退するステップから入ることもできます。

(26)は、コントラ・チェックです。(ネームド・バリエーション)
もっとも人気のあるピクチャー・ポーズのひとつでしょう。
いろんな入り方、終わり方がありますが、これはごく基本的な踊り方です。

090628/訂正
090731

  • 最終更新:2009-07-31 20:06:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード